FC2ブログ

くわぽんのつれづれ日記

思うが侭、つれづれに書いています。ほぼ、毎日更新中!!

海外での税金に対する暴動の切っ掛け

海外で税金に反対するデモ隊が、暴動にまで発展した事件で、
一部の報道機関が「当事国では無い誰かによる偽情報によって引き起こされた」可能性を示唆しました。

作られたばかりのアカウントによる三年前の暴動の動画を信じてしまった一般市民が、
「政府の横暴だ」と暴動に至ったという分析です。

この暴動、略奪事件まで発生しているようで、もしこの分析が事実なら国家の「セキュリティ」に関する重大インシデントといえそうですね。

SNSの偽情報に関しては、某国の大統領選でも話題になっていますが、
今回の偽情報が国家の混乱を狙ったものなのか、ただの愉快犯なのかも重要な問題になります。

愉快犯だった場合、対策として「言論統制」が必要という極論も飛び出しかねません。

SNSを利用されている方は、自分の身を守るためにも、国家のセキュリティの面を考慮しても、
偽情報の流布や偽情報流布への加担をしないよう注意したいものです。

地震が起きるたびに出る「動物園の猛獣が脱走した」のような偽情報も今後取り締まろうとすると「言論統制」に発展しかねませんからね。

おふざけでは許されなくなる危険性がありもすよ。
スポンサーサイト
  1. 2018/12/10(月) 13:30:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブロックチェーンが人類を滅ぼす?!

「ブロックチェーンが人類を滅ぼすかもしれない」

というと、「何を言ってるんだこいつは。」という人がほとんどだと思うけど・・・

何が問題かというと、単純に「消費電力」の問題。

ブロックチェーンはBitCoinのマイニングをやろうとした人ならわかると思うけど、
ものすごく電力を使うのよ。

電力は「発電」にも「消費」にも熱を伴うわけですね。

無いと思うけど、「ブロックチェーンが一般化した場合」、
この熱で地球が急速に温暖化してしまうという論文があるのですよ。

BitCoinがクレジットカードほど普及すると、ブロックチェーンを維持するために必要な電力だけで
1年で過去10年分を超える温暖化が見込めるらしいです。

原子力なくして供給できないほどの大電力なわけですが、
そんな意味でもBitCoinやブロックチェーンには未来が無さそう・・・

では(^ ^)/~~~~~
  1. 2018/11/30(金) 13:15:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HT802と050PlusでFAXを使う

HT802(Grandstream Handy Tone-802)と050PlusでFAXを使う方法について書きたい。

方法そのものは、
「050Plus」 「SIP」 「取得」などのキーワードで検索すれば、基本的な設定の取得方法と設定方法がわかると思う。

ここでは、私のHT802の設定内容を赤裸々に掲載したい。
ちなみに、この設定で数か月問題が起きていないから私の設定とFAX機の愛称はよさそうだ。

まず、私のFAX機はBrotherのインクジェット複合機だ。
複合機の下に電話機をつけているが、HT802と「SHARP」の電話機は相性が悪い。
電話をかけることはできるが、受ける際に「鳴動」→「切断」→「鳴動」→「切断」を繰り返し、受信できない。
日本国内で普通に手に入る電話機の相性は「Panasonic」のほうがよさそうだ。

設定そのものはスクショを見てほしい。

【BASIC SETTINGS】
HT802_1.png 
基本的には、IPアドレスの設定と、「IPv4のみ」の設定を入れている
あとは、タイムゾーンを「GMT +09:00」に設定しているだけだ・・・と思う。

【ADVANCED SETTINGS】
HT802_2.png 
「Automatic Update」は危険だという情報もあるので、禁止している。

HT802_3.png
「Call Progress Tones:」はNTTに合わせた設定を先人の知恵から拝借した。

HT802_4.png
「NTP Server:」は、「ntp.nict.jp」がおすすめだろう。
どこを設定しても大丈夫だ。

【FXS PORT1】
※ここからが重要な設定
HT802_5.png 
「Account Active:」は「Yes

050Plusの情報から
<tranGwAd>~~~.050plus.com</tranGwAd>を「Primary SIP Server:」に設定する。

「SIP Transport:」は「TLS
「URI Scheme When Using TLS:」は「sip
「NAT Traversal:」は「Keep-Alive

050Plusの情報から
<nicNm>~~~~~~</nicNm>を「SIP User ID:」に
<sipID>~~~~~~</sipID>を「Authenticate ID:」に
<sipPwd>~~~~~~</sipPwd>を「 Authenticate Password:」に設定する。

「Name:」は、後でわかるように電話番号やサービス名(050Plus)などを適当に入れておく。

そのほかの設定は、スクショから頑張って拾ってほしい。
HT802_6.png

HT802_7.png
「Jitter Buffer Type:」や「Jitter Buffer Length:」がFAXでは結構「肝」かもしれない。
これでFAXもいける。
  1. 2018/11/28(水) 13:16:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予定を変更して人工知能の話

050Plusについては、FAXの使用で問題があってなかなか書けなかった。
でも、この問題もたぶん解決したので、次回こそは書きたい。

さて、最近、人工知能が花盛りで、ITの専門家としての私に結構質問が来る。
興味に基づいた質問で一番多いのが
「AIが自我を持って悪さしてきたりしないの?」
というものだ。

結論から言うと、
「少なくとも、AIが自我を持ったということを人類は知りえないし、今のところAIが自我を持っても悪さはできない。」
なぜ?と思うかもしれない。

そもそも、AIが自我を持っているかどうか人類には判断できない。
人類の定義にそもそも「自我とは何か」というものが客観的に存在していないからだ。
定義がない以上、判断はできない。

人類が知りえないというのは、以下のような理由による。
今のAIの使われ方は「特定の判断」を行うための道具として使われている。
このことは、(おそらく)将来的にも大きな変化はないと思う。
AIは「特定の判断」のために「制限された情報」が与えられ、「制限された回答」を返す。
この「制限された回答」は、自我があるか判断するだけの情報を持たない。

よく、「それは専用AIだからで、汎用AIは違うんじゃ?」という突っ込みを入れてくる人がいる。
しかし、この認識は間違いで、出力が制限されている限りにおいては、汎用AIであっても違いはない。

人間以上に何でもできる体(自己修復可能で入力情報も豊富ということも含めて)と通信能力(新しい通信インターフェースやドライバを自分で作れるということも含めて)を持ったとして、時間が無制限にあれば話は変わってくるだろう。
今のところは、そんな心配はない。

もしかしたら、今のAIにも(定義によっては)自我があるのかもしれない。

でも、そんなことはだれにもわかりえないのだ。
  1. 2018/10/04(木) 13:27:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nuro光を引き込んでみました

実は、引越しまして、引っ越しを機にNuro光に切り替えてみた。

ただ、回線工事に時間がかかるということで、念のためUQ WiMAXのルータとクレードルを用意しておいた。

最初の申し込みで工事日を引越の日に指定した。
実際には、その日には建屋内に光ケーブルを敷設してルータを設置して終わりとなった。
「後日、NTT側のNTT局から建物までの敷設工事が行われ、同日、NTTの光回線と建屋内の回線の接続を行います。」との説明を受けた。

そして、2週間ほどしてSMSでNTT工事の日程調整サイトへのリンクが届いたので、日程を選ぶのだが、結構日数が開く。
立会が必要ということで、自分がいる日を選んだら、結局三週間以上あいてしまった。
土曜日の午後で工事を依頼した。

土曜日は、朝9時ごろにNTT工事業者から電話があり、午前中に引き込みは完了。
15時過ぎにNuro光の工事業者がやってきて16時前に工事完了。ネットがつながった。

私は東京住まいだが、速度は爆速といっていいかもしれない。

AU光とは比べ物にならないほど早い。

残念だったのは、ルータにスタティックルートを設定したり、IPv6のネットマスクを変更してネットワークを分割する機能がないこと。
家の中は原則として1セグメントしか作れないということだ。

次回は、FAX回線を光電話から「050Plus」のIP電話にかえてみたので、その時の話をしたい。

では(^^)/~~~~~
  1. 2018/08/03(金) 13:38:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スマホを買い換えた

トリニティのNuans NEO Reloadedを発売前から楽しみにしていて、
発売日に手に入れた。

すぐにSIMをアクティベートして使い始めたが、、、
再起動を繰り返す、ひどいときにはフリーズする。
サポートに電話したら「修理になります。交換品が必要な場合にはレンタル料が発生します。いつお買い上げいただきましたか?」
ときたもんだ。
サポートは自社製品の発売日も把握していなかった。

ごねて初期不良交換してもらった。(まぁ当然だけど)

しばらくして、外側のカメラでQRコードが読めないことが発覚。
今まで撮った写真をPCに転送してみたら、例外なくぶれている。
念のため、スマホ用の三脚を買ってきてタイマーで写真をとってみた。
やはりぶれている。
修理に出した。
・・・
サポート「異常が見つからないので返送します。」
!?ふざけるな。

さんざんやり取りしてやっとカメラ交換で落ち着いた。
ほぼ二か月スマホなしの生活になった。

帰ってきたスマホにSIMを刺そうと思ったら、SIMの金属の留め具が外れた。
精密工具を出してきて慎重に戻した。
ここで壊すと、また修理に出すことになるらしい。

最近になって、液晶の中央部分にシミが出てきているのに気が付いた。

また、純正の手帳型カバーを使っているのだが、開いたときに液晶が暗くて見えない。
何度か頑張るとやっと明るくなる。

いい加減いやになって買い換えることにした。

デザインが気に入って買ったのだが、結局この会社にさらにお金を払う気が起きず、カバーも最初に買った手錠型一つだけで買い足してコーディネートとかはしなかった。


そんな時、モバイルSuicaが使えるフラッグシップスマホがHTCから発売された。
「U12+」だ。
BICカメラのパソコン間に在庫があったので、衝動買いした。
ハイパワーのサクサクスマホだ。

電源ボタンと音量ボタンが感圧センサーになっていて、
ゴムの衝撃に強そうなカバーをつけたら多少電源ボタンの反応が悪くなったが、すこぶる調子がいい。

最初からケチがついたNuansとは大違いだ。

ちなみに、Nuansは最初からもたもた感があった。


とりあえず、いい買い物した感(^^)/~~~
  1. 2018/08/02(木) 12:38:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブロックチェーンの安全性(仮想通貨含む)

ブロックチェーンについて説明するのは結構難しい。
簡単に説明すると、以下のような感じになる。

「前回の取引履歴のハッシュ値」と「今回取引履歴」と「ランダムな値」をくっつける
  1. 1.で得られた値のハッシュ値を計算して、特定の条件をクリアするまで「ランダムな値」を変化させる
    特定の条件の例:ハッシュ値の先頭9ケタが図べて0になる など
  2. 「前回の取引履歴のハッシュ値」と「今回取引履歴」と「特定の条件をクリアしたランダムな値」をブロックチェーン全体に通知する

この手続きを繰り返すことで、過去の履歴の改ざんを困難にする仕組みです。


この改ざんを困難にすることには前提条件があります。

  1. 十分な数のコンピュータが参加していること
  2. 全てのコンピュータに性能差がほとんどないこと
    (「特定の条件をクリアしたランダムな値」を発見するコンピュータが偏らないこと)
  3. 「特定の条件をクリアしたランダムな値」を発見するコンピュータが特定のグループなどの支配下にないこと
    過半数の「特定の条件をクリアしたランダムな値」を発見するコンピュータが一つのコントロール下にないこと

 など

実は、ブロックチェーンには弱点があり、一部の仮想通貨は、実際に攻撃されロールバック(一定期間の取引がなかったことに)されたことがあります。

また、仮想通貨の額面上の価値が上昇したことで、先の処理を行う専用のプロセッサの開発が進み、前提条件の2.は成り立っていません。

価値の低いブロックチェーンに攻撃をする人はまずいないとは思いますが、仮想通貨は多くが攻撃可能な状態にあると思うべきでしょう。

まぁ、何が言いたかったかというと、

ブロックチェーンは改ざん不能な仕組みではありません。

ということですね。

では(^^)/~~~


と書いたそばらから、
仮想通貨Bitcoin Goldが「51%攻撃」で取引を乗っ取られ取引所が多額の損失を負う事件が発生
https://gigazine.net/news/20180524-bitcoin-gold-double-spend-attack/
やれやれ

  1. 2018/05/24(木) 13:26:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WanaCryのその後

現在、インターネット上に、WanaCryというウイルスで利用されたWindowsの脆弱性を利用してウイルスなどを感染させようとする通信が定常的に存在しています。

このことはよく理解していたのですが、最近驚くべきことに気が付きました。

そのことに触れる前に、WanaCryというのはどういうウイルスかを説明しておきましょう。

  • WanaCryは、見かけ上ランサムウェアです。
      ランサムウェアは(一般的に)PCやスマホ上のファイルや情報を人質(?)に身代金を要求します。
      よくある例は、ファイルを暗号化し使えない状態にしたうえで、「復号して(戻して)ほしければ仮想通貨で身代金を払え」と表示します。
      WanaCryもこの動きをします。
  • WanaCryは、身代金を払ってもファイルを取り戻せません。
      WanaCryは、ファイルを暗号化しているようですが、復号に必要な情報をその場で破棄しているため、誰にもファイルを復号(取り戻すことは)できません。
  • WanaCryはNSAから漏えいしたとされている「PCなどにユーザの許可なくプログラムを送り込み実行するツール」を利用しています。
      このツールは、ネットワークに接続されていて直接通信可能でかつ、特定の条件を満たした場合、「PCなどにユーザの許可なくプログラムを送り込み実行すること」に成功します。
      マイクロソフトは、この問題に対応するためのWindows向け修正プログラムを3月に提供しています。
      提供していれば、新たに感染することはありません
  • WanaCryには、「キルスイッチ」という機能があり、特定のURL(http://~~~のようなアドレス)の機能していると暗号化と称する「破壊活動」を行いません。
      但し、PC感染活動は継続します。
      現在、 「キルスイッチ」は機能しています


さて、今インターネットで何が起きていたかというと、

実は、「キルスイッチ」があるために「破壊活動」を行わず潜伏状態にある「WanaCry」が感染を通信しまくっているのです。

先週も、インターネットに直接接続したPCを感染させることに成功しました。

皆さんも家庭内のネットワークを確認してみてください。
以下のファイルやサービスがあったら感染していると思ってください。

ファイル:
 C:\Windows\mssecsvc.exe
サービス:
 Microsoft Security Center (2.0) Service

亜種もありますので、とりあえず、ウイルス対策ソフトで検索しましょう。

ということで、

では(^^)/~~~

  1. 2018/05/23(水) 12:45:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CPUの脆弱性について

久々の書き込みですね。

1月頭から話題になっているCPUの脆弱性についてですが、
世の中のほとんどのCPUに影響があるということで、
対策をどうすればよいか悩んでいる人も多いかもしれません。

根本的対策は「対策されたCPUを搭載したコンピュータに買い替えること」なのですが、
まだ、そのようなものはしばらく出てこないので、これは早くて5~10年先の話ですかね。

それまでは、ソフトウェア面で緩和策を講じることになるでしょう。

パソコンやスマホ、NASなどについての対応は、
① パソコンメーカやマザーボードメーカの出す「BIOS」、「UEFI」の更新
② CPUのマイクロコードの更新
③ ウイルス対策ソフトの更新
④ OSのセキュリティパッチの更新
⑤ 周辺機器のドライバーの更新
といった内容になるのですが、
一般のユーザには「具体的に何をすればいいのかわからない」という人も多いでしょう。

世の中の報道で「致命的な脆弱性」だの「深刻な脆弱性」だの言われると焦ってしまいますよね。
脆弱性が悪用可能であることを実証するためのプログラムも出回っていますので、
ある程度の知識があれば、既に悪用も可能な状態です。

でも、私はかなり楽観視しています。

少なくとも個人のパソコンやスマホで悪用される可能性は十分に低いです。

脆弱性は三つあるのですが、
この脆弱性、少なくとも一つは「事実上悪用可能」ではありますが、
悪用のメリットは全くありません。
何故かといえば、悪用者の思い通りの処理を実行させることができるわけではないからです。

残りの二つは、情報が盗まれる可能性があるというものですが、
そのうちの一つも、「実行中のプログラムが利用している情報を盗み見られる」のですが、
欲しい情報がみられるわけではありません。
実際、パソコンなどの上でプログラムを実行する必要があるので、
「プログラムの実行が可能な状況であれば、他に効率よく情報を盗む方法がいくらでもある。」
ので、悪用されるケースはほとんどないでしょう。

最後の一つは、実は深刻です。
「欲しい情報がメモリー上にあれは、欲しい情報をを盗み見られる」可能性があります。
しかし、この脆弱性も、実際には「欲しい情報がどこにあるのか」を
正確に把握している必要があり、実用的ではありません。
また、パソコンなどの上でプログラムを実行する必要があるので、
「プログラムの実行が可能な状況であれば、他に効率よく情報を盗む方法がいくらでもある。」
ので、悪用されるケースはほとんどないでしょう。

近々の対策としておすすめなのは、
「CPUの脆弱性対策がされているWebブラウザを利用する」
ことです。
自宅のパソコンやスマホなどに関しては、しばらくは、この対策だけで十分でしょう。

では(^^)/~~~
  1. 2018/01/18(木) 15:35:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気が付いたら、「著者に直接連絡」するためのメールフォームが死んでた。

直そう。

.NET core+MailKit になるのかな?

頑張る。
  1. 2017/10/26(木) 10:09:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

くわぽん

Author:くわぽん
くわぽんのブログへようこそ!
気が向いたらコメントください♪

アフィリエイトバナー

レンタルサーバーなら使えるねっと
コメント:思った以上に使える
  レスポンスのよいWindowsVPS
     2年契約なら結構安い

ここから上は実際に使ってみてよかったものだけ掲載しています。

JR東日本時計

東京ステーションシティ倶楽部
公式ブログパーツ

blogramランキング投票ボタン

blogram投票ボタン

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

D4でモバイル生活 (29)
風来人観察日記 (66)
ゲーマーの独り言 (183)
つれづれ日記 (114)
音楽を持ち歩く (47)
Windows Home Server 管理日記 (95)
Dolce Gustoとの日がな一日 (22)
お篭り部屋構築日記+愚痴 (53)
ウツ(鬱) (99)
未分類 (759)
So-Netの名残 (4)
DNNを使いましょう (26)
コカコーラとのお付き合い (9)
RPGを語る (4)
テレビにパソコン生活 (3)
”使えるねっと”は使える? (12)
Android日記 (4)
再生した地球にて (29)
セキュリティBlog (19)

検索フォーム

月別アーカイブ

blogram

Coca-Cola

ブログ通信簿

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセストレード

QRコード

QRコード